どうしてもクレジットカードの現金化業者を利用しなければならないとき


クレジットカードの現金化って、すぐにお金をゲット出来るから、多くの人たちが関心をもって見ているようですが、違法性の問題や詐欺などもクローズアップされているので、私達は、ちょっと注意する必要があるかもしれません。便利なものだとしても、そこにリスクが相当大きければ私達は警戒しなければならないとも思いますし。

そのようなことを考えると、実際に、クレジットカードの現金化って、していいのか悪いのか全く判らないですよね。

クレジットカード現金化の違法性がある

クレジットカードの現金化は違法性があるという人たちがいます。クレジットカード会社は、ショッピング枠を現金を手に入れるために利用する行為を認めてないのです。しかし、それは、犯罪ではありませんので、グレーという言い方をして、自己判断に任せているようなところもあります。事実、クレジットカードの現金化は、して逮捕される問題ではありませんので、どうしてもお金が必要という人たちが、クレジットカードの現金化をしているのかもしれません。

消費者金融でキャッシングも出来ないし、すぐにお金が欲しいということになれば、やっぱりクレジットカードの現金化は妥当な方法に見えてしまうのかもしれません。クレジットカードの現金化業者だって、そのようなクレジットカード会社が懸念していることはしっかり理解した上で行動をしています。

しかし、クレジットカードの現金化業者は、回収リスクを回避することが出来るという大きなメリットがあり、営業を停止することが出来ないのです。 回収のことは、クレジットカード会社に押しつけてしまば良いのです。そして、クレジットカードの現金化業者は、手数料だけ頂戴して、潤うことが出来ます。

国はこのような取引行為を法律的に許可しているのか

国がこのような取引行為を法律的に許可しているかという問題も気になります。 クレジットカードの現金化業者のホームページには公安委員会からの許可を取っていますという表示をよく見かけるかもしれません。 実際に、クレジットカードの現金化業者は、古物取引の営業の許可をもらっているだけであって、クレジットカードの現金化の許可を得ている訳ではありません。でも、犯罪ではなく、あくまでグレーはグレーであり、どうしてもお金が必要という人たちなら、良心的なクレジットカードの現金化業者と出会えば、うまくすんなり現金をゲット出来るでしょう。そのような良心的なクレジットカードの現金化業者が多いことを期待したいのですが。

悪徳業者も存在しているかも

そして、私達は、いつも、クレジットカードの現金化においても悪徳業者が存在しているかもという認識が必要なのです。悪徳業者と出会ってしまい、消費者に数十万円の決済をさせるだけさせておいて、現金をキャッシュバックしないという最悪の結末にいたったという人たちも決して少なくはありません。 ホームページには、良心的な記載がごくごくされている訳ですが、実際は記載とは全然かけ離れた法外な手数料を要求されたりします。そして、私達がそれを拒否すれば、法外なキャンセル料を要求されることになります。そして、個人情報を提供して、ヤミ金業者に流出してしまうかもしれません。

私達は優良クレジットカードの現金化業者をしっかり区別しなければなりません。すべてのクレジットカードの現金化業者はグレーといえばグレーです。しかし、数十年ビジネスを続けてきた業者は、グレーながらそれなり支持を得てきた業者です。優良な業者という言い方をすれば、そのようなクレジットカードの現金化業者も存在してるので、もしも利用しなければならないときはそのような業種を利用するようしましょう。