換金率重視の人必見!高い換金率でクレジット現金化を利用するには?


換金率重視
世の中にクレジットカード現金化業者はたくさんあり、インターネットから申し込みできる業者だけでもかなりの数になります。

それぞれの業者が独自に換金率を決めていますので、色々な業者の換金率を比較して、少しでもよい条件で利用するようにしたいものです。

基本の換金率をチェック

まずはクレジットカード現金化の基本の換金率をチェックしていきます。業者のホームページを見ると、必ず換金率がパーセントの数字で表示されていますので、この数字が大きいところを探すことになります。

クレジットカード現金化の換金率は、一般的には85~95%になっていることが多いです。たとえば、最終的に換金率が90%となった場合、10,000円の利用で9,000円の現金が準備できます。

多くの場合、クレジットカード現金化の換金率は全ての利用者共通ではなく、条件によって変わります。
よくある例としては利用金額によって換金率が変わることもあります。たとえば、5万円までなら90%、10万円までなら92%、20万円までなら94%といった具合です。

また、「女性ならば換金率1%アップ」といった形で少し高い換金率で利用できることもあります。
そのほかにも、法人が利用する場合の換金率と、個人が利用する場合の換金率が違うこともあります。

こういった条件を見落とさずに調べて、自分の場合にどの換金率が適用されるのかをしっかりチェックすることが重要です。

現金化業者の換金率比較→http://www.aroomtoheal.org/

キャンペーンの適用有無をチェック

基本の換金率が把握できたら、換金率がよくなるキャンペーンがないか探してみましょう。

業者によって様々ですが、「5のつく日は換金率3%アップ」といった形で、毎月特定の日付や特定の曜日に少し換金率アップするキャンペーンがあることがあります。

まずは安心して利用できそうな現金化業者をいくつか見つけて、キャンペーンでさらに条件がよくなる業者を狙っていきましょう。

手数料が必要かどうかチェック

換金率が高い業者が見つかったら、すぐに飛びつくのではなく、その他にも細かい条件がないか必ず確認しましょう。

クレジットカード現金化業者のなかには、換金率はとても高くても、高い手数料が差し引かれてしまし、結局はそこまでよい条件で現金化できないというところもあります。

たとえば、現金を振り込んでもらうときに振り込み手数料はどのようになっているのか、そのほかに事務手数料などの名目で引かれてしまわないかをチェックしましょう。

換金率が高く、なおかつ手数料もあまり引かれない業者を選ぶことが、有利な条件でクレジットカード現金化を行うための近道です。