育毛剤はご自身の体質や症状に合わせた選択が必要です


自身の髪の毛に対して何かしらの育毛剤を使用している方は大変に多くいらっしゃいますが、この育毛剤にも様々なタイプが有ります。それはご自身の髪質や頭皮の状態、薄毛等の状態等によって使い分けを必要とする事になります。

そこで育毛剤の種類や成分、育毛剤を使用される方のタイプ別に適した育毛剤について調べて見ましょう。育毛剤は大きく分けると5つのタイプに分類する事が出来ます。

最も多いタイプは男性ホルモン抑制タイプと言われる育毛剤で、男性型脱毛症いわゆるAGAと言われる症状に効果が有る育毛剤です。男性の髪の悩みの実に95%がこのタイプで有ると言われており、含まれる成分のフィナステリドと言われる成分は、このAGAに非常に効果が有るとされております。

次に挙げられるのが血行促進タイプの育毛剤です。このタイプの育毛剤は硬く張っている頭皮を柔らかく改善すると共に頭皮にある毛細血管を拡張させ血流を促す事で発毛を促す物です。頭皮の血流が改善する事で髪の毛の元になる毛母細胞の活性化を図る事が出来発毛に繋がる仕組みとなっております。

次は毛母細胞活性化タイプの育毛剤です。この育毛剤に多く含まれる成分には亜鉛やビタミン、システイン等の成分を多く含んでいるタイプが多く、それらの栄養素を直接頭皮に与える事で毛母細胞の活性化を図ります。

特に普段の食事の栄養バランスが悪いと感じる方にお薦めの育毛剤です。又これらの栄養素や成分を含んだ育毛シャンプーやサプリメントも有りますので初めての方にもお薦め出来るタイプとなっております。

次は皮脂分泌抑制タイプの育毛剤です。人の身体の皮膚からは常に皮脂が分泌されておりますが、特に頭皮からの分泌が多い方の場合にはその分泌された皮脂によって頭皮にある毛穴が塞がれてしまいます。

毛穴が塞がれてしまう事で髪の毛の成長が阻害されてしまい薄毛になってしまいます。このタイプの育毛剤は、そんな皮脂の分泌を抑え頭皮を常に清潔な状態に保つ事を目的とした育毛剤となっております。特に汗を多くかき易い方や、脂症と思われる方には効果が有る育毛剤です。

最後の育毛剤は頭皮保湿タイプの育毛剤です。このタイプの育毛剤は皮脂分泌抑制型の育毛剤とは正反対の物で、頭皮の乾燥に伴って出易くなるフケによって毛穴が塞がれてしまい髪の毛の成長が阻害されてしまうのを防ぐ事を目的とした物となっております。

乾燥肌やパーマやカラーリングで頭皮が痛んでいる方にお薦めの育毛剤です。この様にご自身の体質や症状により適した育毛剤が有る事を確認された上で使用する必要が有ります。